高血圧と病気について

日本では、高血圧の患者数が4,300万人いると推定されています。何と3人に1人の人が高血圧なんですね!

 

高血圧は「サイレントキラー(静かなる殺人者)」と呼ばれ、大変怖い病気として言われていますが、どうしてでしょうか?

 

それは、

 

・症状が無いまま進行し、放っておくと寿命を縮めることにつながる。
・血圧が高いまま放置しておくと、いろいろな臓器障害(合併症)が起こる。
・心臓に負担がかかると狭心症や心筋梗塞などを起こしやすくなります。
・脳の血管に高い圧力がかかると血管が詰まったり、破れたりして脳卒中になる。
・腎臓の細い血管に障害が起こると腎不全になる。

 

からなんですね。

 

高血圧とは?

 

高血圧は、血管の壁に内側からかかる圧力が通常より大きいということで、血管の壁に悪い影響を与えます。

 

数値としては、収縮期血圧が140oHg以上、あるいは拡張期血圧が90oHg以上が高血圧と言われ、望ましい血圧(至適血圧)は120/80oHg未満となっています。

 

収縮期血圧と拡張期血圧

 

心臓が縮むと心臓の左心室から血液が全身に送り出され、血管は流れ込んだ血液によって押し広げられます。
この時、血液の血管に対する圧力は高くなり、これを収縮期血圧(最大血圧または最高血圧)と言います。

 

収縮した心臓は次に膨らみ始めます。その時全身の静脈血が右心房に、同時に肺からの動脈血が右心房に流れ込みます。
また高い圧力で押し広げられた血管は、今度は反動でもとに戻ろうとするため、血管にかかる圧力は低くなります。
これを拡張期血圧(最小血圧、最低血圧)と言います。

 

収縮期血圧と拡張期血圧は、一般的には「上の血圧」「下の血圧」と呼ばれ、135/85mmHgのように2つの数値で現されます。