コレステロールと病気

コレステロールと言うと悪いイメージがありますが、脂質の一種で、細胞膜やホルモンの材料となり、、本来私たちの体にとって必要不可欠な物質です。

 

リポたんぱくと言うカプセルに詰められて血液中を運ばれていくのですが、体の各部分に運ぶのがLDLで、余分なコレステロールを回収してくるのがHDLになります。

 

LDLコレステロールが多すぎると血管壁にコレステロールが多く残り、HDLが多いとそれを回収するコレステロールが増えて、血管壁がきれいになります。

 

脂質異常症とは、「高コレステロール血症」と「高脂血症」を含んだ病名で、血液中の悪玉コレステロール(LDL)やトリグリセライド(中性脂肪)が多すぎたり、善玉コレステロール(HDL)が少なくなる病気です。

 

脂質異常症を放っておくと動脈硬化が進んで、心筋梗塞や脳卒中などの重篤な病気を引き起こす原因になってしまいます。

 

脂質異常症は、食事療法や運動、薬の服用によって血中の脂質の値を適切な範囲に保っていくことが必要です。

 

次の3つのうち1つでも当てはまると、脂質異常症と診断されます。

 

@LDLコレステロール(悪玉コレステロール):140mg/dL以上  
Aトリグリセライド(中性脂肪):150mg/dL以上  
BHDLコレステロール(善玉コレステロール):40mg/dL未満

 

「高コレステロール血症」とは、LDLコレステロールが140mg/dL以上の状態。

 

「高脂血症」とは、「高コレステロール血症」もしくはトリグリセライドが150mg/dL以上 (高トリグリセライド血症)のいずれか、または両方である状態。

 

「脂質異常症」とは「高コレステロール血症」と「高脂血症」を含んだ病名のこと。

 

会社の健康診断等で重度の脂質異常を指摘された場合には、安易に市販薬だけに頼ることなく、病院でも診察・相談をすることをお勧めします。

 

 

脂質異常症の治療の基本は食生活

LDLコレステロール値が高くても、自覚症状はほとんどありません。
そのため、知らないうちに動脈硬化を進め、狭心症、心筋梗塞、脳卒中などを引き起こすことになります。

 

これら脂質異常症の治療の基本は食生活にあります。

 

@ 牛肉、豚肉、バターなど、動物性脂肪の取り過ぎを控える。
A 魚類を多めにとる(魚に含まれるEPA、DHAがLDLコレステロール値を下げる)
B 野菜、キノコ、海藻、果物など植物繊維の多い食べ物を取る。
C 食べ過ぎを避け、肥満を解消する。
D 植物性の油を使う。
E 卵、魚卵、レバーなどを控える。

 

こうした食生活の改善が基本ですが、それでも不十分な場合には薬物療法もあります。
ただし、薬を使いすぎると逆に血管を脆弱にすることもあるので、その点は要注意です。

動脈硬化の医薬品について

動脈硬化予防のための医薬品としては、LDLコレステロール値を下げる「スタチン(HMG−CoA還元酵素阻害薬)」や「エゼチミブ(小腸コレステロールトランスポーター阻害薬」「陰イオン交換樹脂(レジン)」などの薬剤が広く使われています。

 

また、血管が詰まるのを防ぐ血管拡張薬や抗血栓薬が使われることもあります。

 

動脈硬化に伴う合併症の治療も必要で、高血圧や糖尿病、脂質異常症に効果のある薬が処方されます。

 

また下記のような漢方療法もあります。

 

柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
大柴胡湯(だいさいことう)
防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)
釣藤散(ちょうとうさん)
三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)
黄連解毒湯(おうれんげどくとう)
八味丸(はちみがん)
桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
防己黄耆湯(ぼうぎおうぎとう)

 

ただし、動脈硬化は老化現象の一つですが、高血圧とも密接に関係しています。
食生活、肥満、運動不足、精神的ストレス、喫煙なども促進因子なので、そのための日常生活管理が重要です。それをしないで、薬だけに頼りすぎるのはよくありません。

 

<「スタチン(HMG−CoA還元酵素阻害薬)」とは?>

 

肝臓でのコレステロール合成を抑え、血液中の悪玉コレステロール(LDL)を低下させて、動脈硬化などを予防する薬。

 

脂質異常症は血液中のコレステロールの数値異常が起きており動脈硬化の要因になる。

 

肝臓では、HMG−CoA還元酵素の働きでコレステロールが作られ、そのコレステロールは血液中に移行する。

 

スタチンは、HMG−CoA還元酵素の働きを阻害し、肝臓のコレステロール合成を阻害する。

 

 

<エゼチミブとは?>

 

小腸からのコレステロール吸収を抑制し、血中コレステロール値を低下させる医薬品。

 

 

<動脈硬化の症状・原因について>

 

動脈硬化は、動脈の硬化の仕方で大きく3つに分類されます。

 

@細動脈硬化:細かい動脈(脳、腎臓、目など)に起こる動脈硬化。高血圧が原因で血管壁が厚くなり、血管の内腔が狭くなる。

 

A中膜石灰硬化:加齢が原因で血管壁の中膜にカルシウムが溜まって石灰化し、血管が硬くなる。

 

B粥状動脈硬化:血液中のコレステロールなどの脂質が動脈の内側の壁に溜まるもので「アテローム性動脈硬化」とも言う。一般に動脈硬化という場合には、この粥状動脈硬化を指す。
粥状動脈硬化は、冠動脈疾患という命に関わる病気を引き起こす可能性をはらむ。
心臓に酸素や栄養素を送る冠動脈に動脈硬化が起こると、心臓は酸素不足になって狭心症が起き、完全に詰まって血流が止まると、心筋梗塞になる。

 

脳の冠動脈で動脈硬化が起きて血管が詰まると脳梗塞、血管が破れると脳出血を引き起こす。

 

また、次のような病気も危険因子になる。

 

@脂質異常症:血液中のLDL(悪玉コレステロール)が血管壁内部に蓄積すると、動脈硬化を促進しやすくなる。中性脂肪の値が高くHDL(善玉コレステロール)が低い場合も動脈硬化を促進する。

 

A高血圧:血圧が高いと血管壁に負担がかかり、動脈硬化の原因になる。

 

B糖尿病:血糖値が高いと冠動脈疾患を発症する可能性が高くなる。

 

このほか、過食、運動不足による内臓脂肪型肥満や喫煙も動脈硬化の危険因子になり、これらは相互に関係して因子が増えると動脈硬化になる危険性が高くなります。

 

動脈硬化自体には症状はありませんが、その合併症が起こると次のような症状が起こることがあります。
脳に動脈硬化が起きると、頭痛、めまい、耳鳴りなどが発生し、脳卒中に進行すると意識障害や手足の麻痺が現れます。

 

心臓の冠動脈に動脈硬化が起きると、狭心症になり、胸痛、動悸、息切れなどの症状が現れます。