ヘルスオイルの口コミを紹介します!

こちらをどうぞ

このページでは、富山常備薬グループが販売する、日本で唯一動脈硬化症の予防に効くと認められた医薬品、「ヘルスオイル」の口コミを詳しく紹介しています。

 

皆さんの「ヘルスオイル」購入検討のお役に立てたら幸いです!

 

では、早速ですが、ご紹介します!

 

ヘルスオイルの口コミ

毎年受ける会社の健康診断でLDLが高かったのですが、今回の検診の結果数値が意外に良くなっていたので驚きました
今後も続けていこうと思います。

 

50代男性

 

以前からコレステロール値が高く気になっていたのでヘルスオイルを試してみることにしました。半年たったところですが、少しずつ数値が改善してきています。

 

50代女性

初老夫婦

以前よりコレステロール値が高く高脂血症になってしまったため、ヘルスオイルを試してみることにしました。すぐには効果は出てきませんでしたが、半年ほどたったところで少し数値が改善されてきました。

 

40代女性

以前から健康診断でコレステロール値が高く気になっていたのですが、ネットでヘルスオイルを知り、お値段も初回安かったので、とりあえず飲んでみることにしました。結果的には1カ月ほどですが、数値はほとんど変わっていませんでした

 

50代男性

2カ月ほど飲んだ後健康診断を受けましたが、数値的にはあまり変化はありませんでした。薬だけでなく、食生活や運動も必要かなと思います。

 

40代女性

昨年の健康診断でコレステロール値が高かったため、ヘルスオイルを試してみることに。それから1年近くになりますが、数値は少し良くなりました

 

30代女性

主婦

 

2ヵ月間ヘルスオイルを飲んで病院で検診を受けましたが、コレステロールの数値には変化があまりなかったです薬だけでなく、今後は運動や食生活にも気をつけていきたいと思います。

 

40代男性

50歳も過ぎ健康に注意をしないといけない年齢になったので、夫婦ともコレステロールが高いのでヘルスオイルを飲むことにしました。コレステロールはまだ測っていないのですが、血圧が少し下がってきたので、この薬のおかげかもしれません。

 

50代女性

血圧が高く動脈硬化が心配なので、血管の健康に効果があるというこのヘルスオイルを飲んでいます。まだ2か月しか経っていないので効果は分かりませんが、続けて飲んでいこうと思います。

 

40代男性

青年男子

脂の多い食べ物が好きなので、最近飲み始めました。丸いカプセルで飲みやすいです。

 

40代男性

コレステロールの値が高いので、このヘルスオイルを飲み始めました。1年ほど経ちましたが、少しずつ数値が良くなってきています

 

40代男性

 

以上、ヘルスオイルの口コミの一部をご紹介しました(もっと口コミを読みたい人は、こちら→クリック)

 

口コミには個人差があります

生活習慣

ヘルスオイルの口コミを読みますと、多くの方が勤め先等の健康診断の結果をきっかけに、ヘルスオイルを使うようになっているようですね。

 

動脈硬化や血液中のコレステロールの増加は、他の病気のように自覚症状がないので、なかなかその進行に気付きません。健康診断の血液検査などで自分の具体的な数値を見たり、医師から数値が高いことを指摘されて初めて気付くという人が多いようです。

 

口コミでは割と早くヘルスオイルの効果に気付く人もいれば、ほとんど効果を感じない人もいます。

 

動脈硬化などは長い時間をかけて進行しますので、薬を飲んだからと言ってすぐにその結果が出るとは限りません。個人差はありますが、ある程度の期間継続して使用することが必要です。

 

また、動脈硬化や血中コレステロールの悪化は、普段の食生活、飲酒、運動、喫煙等生活習慣によって徐々に進行していきますので、薬だけに頼るのではなく、こうした日々の生活習慣を改善していくことも重要ですね。

 

生活習慣によっては「ヘルスオイル」を飲んでも結果が出にくいわけですが、口コミだけではその方がどんな生活習慣を持っているのか分かりませんので、口コミを参考にする際その点には注意が必要です。

ヘルスオイルは効能・効果の認められた医薬品です

ヘルスオイル1

「ヘルスオイル」は、効能・効果が認められた医薬品です。

 

効能効果が医学的に認められないものは、「医薬品」として効能・効果を謳って販売することは薬機法(薬事法)という法律によって禁じられています。

 

どんな薬でも、その効果の現れ方には個人差がありますが、効果が科学的・医学的に認められてる点についてはサプリや健康食品とは違って安心できる点ではないでしょうか。

 

口コミでの評価も、その点を踏まえて、参考程度にみるのが良いかと思います。

 

富山常備薬グループの「ヘルスオイル」は、日本で唯一動脈硬化の予防、高コレステロール血症の改善に効くと国に認められた「医薬品」です。

 

効果の認められていないサプリメントとは違います。

 

あなたも効能・効果がハッキリと認められた「ヘルスオイル」で、動脈硬化の予防と高コレステロール血症の改善をしてみませんか?

今すぐ「ヘルスオイル」を試してみる!

↓↓↓

中央薬品のヘルスオイルとは?

実は、「ヘルスオイル」という商品は、現在下記の3つの会社から販売されています。

 

・株式会社富山常備薬グループ

 

・中央薬品株式会社

 

・ピップ株式会社

 

富山常備薬グループの「ヘルスオイル」のHPにも一部記載がありますが、この「ヘルスオイル」の製造元は中央薬品株式会社なんですね。

 

その同じ「ヘルスオイル」という商品をこれら3社が販売しているということで、中身は全く同じものです。

 

ただ、テレビCMやネット上では株式会社富山常備薬グループが一番積極的にその販売に取り組んでいるような印象があります。

 

 

どこで買うのが一番お得?

 

商品が全く同じなら、一番安いところで買うのが当然お得ということで、調べてみました。

 

ヘルスオイル

結果としては、

 

富山常備薬グループ
通常価格 4,500円   税込4,860円(2回目以降)
初回特別価格  1,900円  税込2,052円 
送料:税込864円(購入金額税込8,640円未満の場合)
初回合計:送料・消費税込み 2,916円  ※回数縛り無し

 

 

中央薬品株式会社
ヤフーショップにて販売
税込4,860円

 

ピップ株式会社
アマゾンにて販売
税込3,264円  送料無料

 

 

以上の通り確認したところ、初回購入は富山常備薬グループの公式HPで買うのが最安値ということが分かりました。

 

ヘルスオイルを最安値で購入する

↓↓↓

富山常備薬グループの評判ってどう?

この「ヘルスオイル」を販売している、富山常備薬グループの評判について調べてみました。

 

実際ネットで調べてみましたが、株式会社富山常備薬グループの評判に関する情報はあまり多く見つけることはできませんでした。

 

ただ、CMがあやしいとか(笑)、一部マイナスのコメントも出てはいました。

 

ただ客観的に見て、こうしたネット上の感情的なコメントを鵜呑みにするのはあまり賢明とは正直思えません

 

大手の会社に対してもいろんな意見・コメントがネット上には氾濫していますので、株式会社富山常備薬グループだけがどうこうということはないと思います。

 

ただ、なにか違法なことをしているとか、過去摘発されたことがあるとか、そうした情報は見つかりませんでしたので、その点は安心しても良いと思われます。

 

医薬品を販売するには国の許認可が必要!

研究室

知っている人も多いと思いますが、日本では医薬品を販売するには「医薬品製造販売業」など業態に合わせて国にその許可を申請し、認可を取得する必要があります。

 

そのためには様々な書類を用意し、国の厳しい審査を通らねばなりません。

 

普通の物を売る商売よりも当然ハードルが高く、どんな会社でも医薬品の販売ができるというものではありません。

 

そういう点からしますと、富山常備薬グループという会社は、少なくとも国の認可を取っているわけですから、安心してもよいと思います。

 

会社の概要は、下記のHPで確認できます。

 

会社のHPはコチラになります→クリック

 

あと無料の電話相談もありますので、一度電話をして会社の対応等確認されるのも良いのではないでしょうか。

 

私が電話した時には、とても丁寧に対応していただきました。

動脈硬化には症状がありません

日本人の死亡原因

「動脈硬化」は全く自覚症状が無いまま進行する怖い病気です。

 

「サイレントキラー(静かな殺し屋)」と呼ばれるのはそのためです。

 

「頭が痛い」「お腹が痛い」といった症状が出ればすぐに病院に行くなど対処できますが、動脈硬化は気付かないうちに病気が進行し、ある日突然脳梗塞、心筋梗塞などという形で襲ってきます

 

その時にはすでに手遅れという危険性も高い病気です。

 

厚生省の平成27年人口動態統計によると、日本人の死亡原因の2位は心疾患(15.2%)、3位は脳血管疾患(8.7%)と血管の病気に起因する病気で、両方合わせると1位のがん(28.7%)に迫る状態です。

 

自分は何も症状がないから大丈夫と油断してはいけません。

 

自分のコレステロール値、知っていますか?

健康診断結果1

口コミでも出てきますが、あなたは勤め先などでの健康診断を定期的に受けていますか? その健診結果の自分のコレステロール値を把握していますか?

 

悪玉コレステロール(LDLコレステロール)の基準値は、

 

70r〜139r で、140rを超えると「高LDLコレステロール血症」

 

善玉コレステロール(HDLコレステロール)値が40r未満の場合は、低HDLコレステロール血症になります。

 

これらの数値を大きく上回って(下回って)いる場合は、注意しなければいけません。

 

もし自分の数値を把握していない場合には、この際一度チェックし、良くない場合には早急に対策をすることを強くおすすめします

 

 

ヘルスオイルは高血圧に効く?

血圧測定

動脈硬化1

ヘルスオイルは、【高コレステロール血症の改善】と【動脈硬化の予防】に効果のあるお薬ですが、高血圧には効果があるのでしょうか?

 

結論から言いますと、「ヘルスオイル」を飲むことで「高血圧」を予防することができます

 

血圧を決める上で大切なのが、心臓が送り出す「血液量」(心拍出量)と「血管の抵抗」の2つです。

 

そして血管の抵抗は、血管の弾力と血管の内腔の広さで決まるので、血管が弾力を無くしたり内腔が狭くなると血管の抵抗が高くなるため、血圧は高くなります。

 

つまり、動脈硬化によって血管が弾力性を無くし硬くなったり、悪玉コレステロールの増加で血管の内腔が狭くなると血圧は高くなり、血圧が高くなると動脈硬化が更に進むという悪循環になるわけです。

 

したがって、高コレステロール血症の改善と動脈硬化の予防に効果のある「ヘルスオイル」を飲むことで、高血圧を予防することができるのです。

動脈硬化症の予防に効く医薬品とは・・・?

サプリメントではなく、国(厚生労働省)によってその効能・効果が医学的に認められた医薬品を取り入れることで、確実に動脈硬化症の予防をすることができます

 

その医薬品とは、日本で唯一、動脈硬化症の予防に効くと国に認められた「ヘルスオイル」になります。

 

血管

「ヘルスオイル」には、動脈硬化の予防に有効と認められた次の4つの成分が含有され、4つのポイントで血管の詰まりを防ぐように働きます。

 

@高コレステロールの低下:【リノール酸】→悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を低下させ、血管壁に悪玉コレステロールが溜まらないようにする。

 

A脂肪の沈着を防止:【ジパルミチン酸ピリドキシン(ビタミンB6)】→資質の代謝に関係し、脂肪が体内に蓄積しないようにする。

 

B弱くなった血管を強化:【カルバゾクロム】→毛細血管の抵抗性を高め、血管を強化する。

 

C血液の流れの促進:【トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE)】→リノール酸などの不飽和脂肪酸が酸化し有害な過酸化脂質になるのを防ぎ、末梢血管の循環を改善する。

 

日常の生活習慣の改善にいくら注意をしていても、なかなか完璧に実行するのは現実的に難しいですよね。

 

そこで生活習慣の改善と同時に、この効能効果が認められた有効成分が配合された医薬品、「ヘルスオイル」で動脈硬化を予防することが有効になってきます。

 

動脈硬化の予防には生活習慣の改善が重要

 

太ったお腹

動脈硬化予防のための医薬品としてはヘルスオイルがおすすめですが、その他の薬物療法ではLDLコレステロール値を下げる「スタチン(HMG−CoA還元酵素阻害薬)」や「エゼチミブ(小腸コレステロールトランスポーター阻害薬」「陰イオン交換樹脂(レジン)」などの薬剤があります。

 

動脈硬化に伴う合併症の治療には、高血圧や糖尿病、脂質異常症に効果のある薬が処方されます。

 

また防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)などの漢方療法もあります。

 

ただし、動脈硬化は老化現象の一つですが、高血圧とも密接に関係しています。

 

食生活、肥満、運動不足、精神的ストレス、喫煙なども動脈硬化に影響するので、日常生活での管理も薬と並行して重要です。

コレステロールと医薬品

血液検査

高コレステロール血症を含む脂質異常症に処方される医薬品ですが、リンク先のように非常に多くの薬があります。

 

脂質異常症の治療薬

 

脂質異常症とは、「高コレステロール血症」と「高脂血症」を含んだ病名で、血液中の悪玉コレステロール(LDL)やトリグリセライド(中性脂肪)が多すぎたり、善玉コレステロール(HDL)が少なくなる病気です。

 

脂質異常症を放っておくと動脈硬化が進んで、心筋梗塞や脳卒中などの重篤な病気を引き起こす原因になってしまいます。

 

脂質異常症は、食事療法や運動、薬の服用によって血中の脂質の値を適切な範囲に保っていくことが必要ですが、治療の基本は「食生活」です。

 

動物性の脂肪の摂取を控え、魚を多めに食べるなど食生活の改善を図る必要がありますが、食事だけでは不十分な場合には、薬物療法もあります。

 

ただ、薬を使いすぎると逆に血管を弱くしてしまうことがあるので、注意が必要です。

 

ヘルスオイル

更新履歴